機能紹介

IDSync の同期・一元化機能で、
組織内で管理されている情報の管理・運用を強力にサポートします。

Tools

IDSyncって何ができる?

  • ユーザー管理
  • ライセンス管理
  • 端末管理
  • システム連携

Subject

主な機能

システム連係
LDAP
オンプレミス Active Directory
SQL Server
Oracle
ID管理
ユーザーアカウントの作成
ユーザーアカウントの編集
ユーザーアカウントの無効化
パスワードの設定
属性の内容変更
グループ管理
セキュリティグループの作成
メールアドレス付きセキュリティグループ作成
Office365 グループの作成
配布グループの作成
グループへのメンバー登録

Capture

IDSync 画面例


IDの一元管理

Azure AD Connectを含め、多くの同期ツールでは、Office 365のライセンスなどはクラウドで設定する必要がありますが、IDSyncなら1箇所ですべての設定を行うことができます。LDAPなどからの同期もサポートしています。また、ご要望に応じて、複数のOffice 365テナントに対して同期する構成も可能です。


同一ドメインの運用ポリシー分離

役職や部署のように、運用ポリシーを分離したい場合に、それらをコントロールしながら、一元的にユーザーとグループ、ライセンスを管理できます。ドメインを分離することなく、セキュリティグループで振り分けることで、割り当てるポリシーを分離できます。ライセンスパターンの分離もセキュリティグループで対応できます。


Teams のチーム作成権限管理

アプリケーションの権限変更をユーザー側から受け付ける場合に、申請サイトを設け、申請内容を IDSync で管理データベースと同期させることで申請の受付までのフローを自動化することもできます。受け付けた申請は、管理者による承認およびに設定の適用より、申請者は申請した変更を確認することができます。

Inquiry

IDSyncの導入をご検討される方へ