smart ERM+を利用し、卒業生情報を統合管理。
「見える化」することで新しい大学付加価値戦略を支援し、大学に付加価値をもたらすマーケティングをご提案します。

ご紹介動画 | 卒業生情報の管理・データ化の現状 | 現状の問題点 | 対応内容 | ご利用イメージ | お問合せ

ご紹介動画

教育機関向け Microsoft Dynamics ソリューションのご紹介

「卒業生管理システム」を含む、教育機関向けの Microsoft Dynamics ソリューションを紹介しております。
卒業生情報によって大学に付加価値をもたらすマーケティング

※クリックすると拡大表示されます。

卒業生情報の管理・データ化の現状

各校の卒業生名簿管理・運営の実情は?

  • 国公立大学:学部別に縦割りで管理
  • 芸術系大学:大学は関与せず卒業生有志に一任
  • 女子大・短大:結婚後の住所や氏名変更に苦労
  • 私立全般:同窓会が管理、大学自身の取り組み事例は少ない
  • 同窓会:年代・地域・職域別でバラバラ

卒業生情報の管理・データ化の問題点

活きた名簿にならない、名簿を活かせない

手段、連絡方法の問題
名簿ごとに別窓口(電話・ファックス・郵送・HP)、相互が非連携
名簿更新のメリットの問題
卒業生は何が得られるのか?卒業後の関係持続の利点が不明
個人情報保護法
収集の目的・方法、管理、更新、本人開示
転職の一般化
ニート・フリーターの増加

卒業生情報の管理・データ化の対応

卒業生ネットワークの必要性

教育・研究機関としての効果測定(評判基準)について
就職や進学といった進路の実績や評価を格納
卒業生や就職先等の関係者からの意見を集約
寄付金募集
卒業後の帰属意識の維持・向上について
大学のイメージ向上
在校生支援
OB訪問、研究支援

これらに必要な情報をsmart ERM+の導入により現状の問題点を解決いたします。

ご利用イメージ

学内外のシステムを含む分散した情報を一元化し、効果的な卒業生マーケティングを導くためのプラットフォーム

※クリックすると拡大表示されます。
卒業生情報を統合管理し、「見える化」することで新しい大学付加価値戦略を支援

※クリックすると拡大表示されます。

お問合せ

以下のお問合せフォームから、システムの機能や導入に関するご相談等を受け付けております。
ご気軽にお問合せください。

お問合せはこちら